リフォームの基礎知識と基礎用語

賃貸住宅に住んでいるなら、室内の設備や間取りが気に入らなくなれば、好みの物件に引っ越すだけで解決します。自分自身が所有する戸建住宅やマンションだと、そうは行きません。引っ越すなら物件を売却しなければなりませんし、せっかく購入したものを手放すのは気が引けます。設備や間取りに不満があってもそのまま住み続ける人が圧倒的に多いのが、購入した物件の特徴です。代わりに、購入した物件は手を加えるのが自由というメリットを持っています。気に入らなくなったなら、手を加えていらないものを省いたり、欲しいものを付け加えるなど、予算さえあれば好きなようにできます。住宅に変化を加えることをリフォームといいますが、利用の前に基礎知識とよく使われる用語を覚えておくと、何かと役に立ちます。

イメージから依頼までの基本的な流れ

リフォームの際の基礎知識として、工事をする前にしっかりと計画を立てることが重要になります。住宅のどこの部分に不満を持っているのか、リスト化してみましょう。予算を決めておくことも大切です。予算オーバーしそうであれば、優先順位を決めて上位の部分からリフォームするのが良いでしょう。一人で勝手に決めてしまわず、家族できちんと話し合ってください。完成までの期間も考えておきましょう。夏までに終わらせる、冬の間は不便なので避けたいなど、明確にします。決定したならリフォーム業者を決めて、契約を交わします。契約前に打ち合わせを入念にして、失敗しないためにも完璧な状態にしてください。見積もりを依頼して他の業者と比較すると、お得な業者を見つけ出せます。ローンを利用するなら、金融機関を決めておく必要があります。

基本的な用語の知識を活かしてみる

基礎用語を知っておくことで、よりスムーズにリフォームの依頼ができるようになります。リフォームには省エネと耐震、断熱にスケルトン、古民家再生などが存在します。省エネは設備や建材に変化を加えて、エネルギー消費を抑えるものです。一般的には太陽光発電を導入する例がよく見られます。耐震は地震による被害を抑えるのに利用されます。基礎を補強したり、壁を強固なものにするなどです。断熱は壁の部分や屋根、窓ガラスを交換することにより、日差しや空気などによる室内の暑さや寒さを和らげる目的で利用されます。スケルトンとは、基礎や壁、柱などの構造躯体だけを残し、間取りや設備などを全部変える大掛かりなリフォームです。古民家再生は、長い年月が経過した古い住宅の耐震性や耐久性の弱点を強化して、引き続き安全に暮らせるようにすることです。

当社の強みはリフォームにおいてお客様の要望をすべて引出し実現させるために、粘り強くお客様の要望を聞き出すことです。 お客様の視点から、お客様が納得するまで、徹底的に打合せを重ねさせていただいてから工事に入ります。 お客様のご希望の日時にお伺いさせていただきます。 お客さまのご希望にそったリフォームを、水回りだけでなく一部屋から一軒まるごとまで幅広く対応しています。 リフォームのことなら【山商リフォームサービス】におまかせを!