リフォームを依頼する業者の選び方

リフォームをする場合、どんな業者を選んでいるでしょうか?業界の方であれば、難しいことではないと思いますが、大抵の方は、リフォームに不慣れなことでしょう。ですが、「リフォームのことはよくわからないから、相見積を取って、比較的安い業者にすべてお任せする」というのは、あまりおすすめできません。このようなケースですと、自分が思っていたようなリフォームにならなかった、工事中や工事後にトラブルが発生した、などが起きる可能性があります。リフォームは、これからの生活のしやすさ・しにくさがかかわる問題ですから、いくらプロだと言っても、お任せするだけでは良い結果は得られないことでしょう。では、リフォームを依頼する業者を選ぶときに、どんなことを考慮したらよいのでしょうか?

どのような業者を選んだらよいか

リフォームを依頼する場合、どんなことを重視するでしょうか?全面的にリフォームしたい、デザインを素敵になど、様々な意見が出てくることでしょう。それぞれイメージされたことは、業者を選択するポイントとなります。たとえば、木造の戸建て住宅の全面リフォームですと、工務店、リフォーム会社に任せることができます。ですが、デザインを重視するのであれば、設計事務所にお願いするのが良いでしょう。別のポイントとして、業者がどのような発注方式を採用しているかを確認することです。主に、一括発注方式と分離発注方式という2種類の方式があり、業者が工務店に一括で発注し、工務店が工事を取り仕切るのか、大工さんや電気工事屋さんなどに個別に直接発注しているかの違いになります。リフォームですと、きめ細やかな対応が可能な分離発注方式を採用している業者に頼む方が良いでしょう。

相見積と打ち合わせで大切なこと

大抵の場合、数社の相見積をとって、その中から業者を選ぶと思いますが、その際、ポイントがあります。まずは、相見積を取る場合、大手に頼むと言う手もありますが、地元の業者を含めるとよいでしょう。地元の業者で、しかも工事実績がある社歴の長い会社ですと、地元の信用第一で良い仕事をされているケースが多いと言えます。また、地元の業者であれば、リフォームでは多い工事中のトラブルなどにもきちんと対応してもらえる可能性が高くなります。さらに、打ち合わせの際ですが、ご自分と業者との相性の良さを確認しましょう。具体的には、自分の抱くイメージを相手と共有できるか、納得がいくまで説明してもらっているかなどです。この点をあいまいにしたり、任せてしまうと、工事中や工事後に後悔することになりますので、大切です。